PERONIブランドプロフィール

ルネサンス文化の継承者

ペローニ社は、フィレンツェに数多く残された古美術品復元を目的とする「ムセオ・ムセオ」と呼ばれる職人共同体の一員として、ルネサンス工芸の修復にあたる仕事にも携わっている。
この「ムセオ・ムセオ」において豪華な革細工の宝石箱や、宝飾品をちりばめ金装飾を施したアルバムなどペローニ兄弟によって復元された作品は450点余りに達し、ルネサンス文化を支えたメディチ家の歴史が今も息づく街で「ペローニ」は」500年前そのままの手仕事を続けている。

ペローニファミリー

親子3代に渡る革職人の家系に生まれたペローニ兄弟は、兄ピエロが父の元を離れ修行に出たのが15歳の時。弟ロベルトも間もなく兄に続き修行に出た。 その後、2人は500年前のルネサンスの手工芸を継承する革工芸工房に移り修行を積み、共同でペローニ兄弟工房を興したのは1956年のこと。
以後、50年余年、現在はピエロの2人の息子のマウリツィオとマルコが加わり、下町のカンポマルテに小さな工房を構えながら、トスカーナの革工芸の業界を索引する役割を担っている。

この歴史的な手工芸の技を継承する貴重な工房は、コインケース1つを作るにもまるで美術品を修復するかのごとく、手間と時間を惜しまない。どんな素晴らしい工芸品も作り手の革新的試みが無ければ時代の変化とともに消え去ってしまう。ペローニは常に時代のニーズに応え実用性に拘ってきた結果、その品揃えは宝飾箱やアルバム、フォトフレーム、家具に至るまで1000種類にもおよび、80%はイタリア国外の顧客だと言う。

クラフトマンシップ

彼らの工房で作られるコインケースは、機能性ある独特の丸みのあるフォルムが特徴で、ハンドメイドのぬくもりに溢れている。使い込むほどに深く味わいのある色へと磨かれていくことも魅力。
緻密で頑丈・丁寧な仕上げで、驚くことに一切、糸が使われていない。
コインケースの素材は1~2才の若い雄牛の皮をフィレンツエ郊外のサンタクローチェでなめした最高級カーフ革である。一度濡らし、8時間の乾燥ののち、フォンド(コイン収納部)とパッティナ(蓋)に裁断される。フォンドもパッティナも木型に被せられ、極細の釘で仮止めして形が固まるまでさらに8時間乾燥させる。その後テコを使用した手仕事によりなめらかな曲面を成型していくという。
30工程という手間をかけ、フォンドとパッティナを接着、中に金型をいれて槌でたたいて圧着させる。
植物タンニンという生物分解可能な染料で一つ一つ手作業で染色し、入念に磨き上げて出来上がったコインケースは縫い目も無くまさに一枚皮そのものだ。このような工程を経て作られるペローニのコインケースは、一つ一つの形が微妙に異なる。また、「最高のなめし」と同じ意味として使われるサンタクローチェの革は傷もつけば、色落ちすることもあるが、永く使い込むことで傷も薄れ、艶が増し、渋いアンティーク調へと変化していく。手間を惜しまず、伝統の技を頑なに守る。物づくりの厳しさと人間へのやさしさが手のひらに伝わってくるようだ。

NEWSニュース

PRODUCTS製品情報